運営者情報

…醤油って焼いたら食えるのかなぁ?

WECT(ウェクト)をご覧いただきありがとうございます。

管理人のKesaと申します。
「どんな輩が運営しているのか」と興味をお持ちいただいたあなたに、簡単に自己紹介を。

  • 職業:WEBデザイナー・ディレクター、ホームページアドバイザー
  • 年齢:30代
  • 経歴:バンドマン → フリーター → 会社員 → Wワーカー

横文字だらけのよく分からない職業ですが、かれこれ10年くらい「ホームページに携わる仕事」で生きています。

今でこそ割とまともな生活を送れていますが、貯金が出来るようになったのはここ数年の出来事です。

目的がズレまくっていたバンドマン時代

経歴にサラッと書いていますが、元々はバンドマンでした。

「バンドマン=お金がない」というイメージをお持ちかもしれませんが、そのイメージは少し違います。

めちゃくちゃお金ないです。(特に一人暮らしの場合)

練習、リハ、曲作りで時間は削られ、楽器代やライブ費用、普段の練習に使うスタジオ代でガンガンお金が飛んでいきます。

「醤油って焼いたら食べられるんじゃ?」とひらめくほどに。(ちなみに無理でした)

一緒に組んでいた仲間もみんな似たようなもの。

そんな状態だったので、僕らは出来る限り「必要な物はお金をかけず、自分達で作る」事にしました。

バンドのホームページもその一つです。

勘の良いあなたならピンとくるかもしれませんが、作成や管理は僕が担当する事になりました。

バンドのホームページを担当した事で手に入れたものと、失ったもの

このホームページ(WECT)を作るきっかけと言うか、理由や目的に大きく関係しています。

結論から言うと「スキル・経験」を手に入れる代わりに「時間」と「目的」を失いました。

是非あなたは失わないように、僕の失敗を役立てて下さい。

当時知識やスキルが足りないのはもちろん、便利なサービスやツールがある事を知らなかった為にかなりの時間がとられました。

ご存知のとおり、世の中には便利なサービスやツールが沢山あり、探せば山ほど出てきます。

しかしながら「ホームページの作り方を知っている」という視点で探した場合と、そうでない場合では見つけられるモノが大きく変わります。

知っている場合には「コレをもっと効率的に出来るモノ」「こう出来ると便利なのに」という目的がありますが、知らない場合にはほぼ全てが「???」です。

そもそも探しているものが知らない単語や言葉相手では、探し方すら分かりません。

見つけたモノが自分が探しているモノなのかの判断も出来ません。

とはいえ自分で「出来る」と始めた以上、変なプライドもあって他の人に任せられなかった。

おまけにお金も無いので専門学校やスクールなんて通えるワケもなく、インターネットで探しては自分なりに検証や実験をして消化する日々。

そんなこんなで時間はかっ飛び、目的達成へのタスク(当時はバンド。曲作りや練習)にまで影響が出るわ、それを咎めたメンバーとスタジオで揉めるわと散々でした。

完全にホームページ作成が目的になっていたんですね。

言うまでもなくバンドは解散し、僕はバンドマンからフリーターになりました。

別にバンドで稼いでいたワケでもないので、はたから見れば大して変わりないのですが、当時はバンドマンとフリーターには大きな差があると感じていました。

まぁ今思えば、こんな経験がなければ今ホームページに携わって生きてはいなかったし、「今不幸なのか?」と聞かれれば「幸せ」と即答します。

とは言えしばらくは未練タラタラ後悔しまくりです。

一度はCDも出し(インディーズレーベルですが)、プロを目指して上京した身。

音楽番組やライブを観るたび「バンドにもっと力を入れていたら…」なんて思う日々を過ごしていました。

目的達成のためのホームページを作るサポートを

バンドから離れて数年が経ち、街や電車でギターを背負っている人たちを見かけると、勝手ながら「頑張ってほしいなぁ」なんて思うようになりました。

それはいつしか「バンドマン」だけではなく「個人事業主の方やフリーランスの方」に向ける思いに変わっていきました。

知り合いがフリーランスとして独立したのもきっかけの一つ。

夢や目的に向かっている姿が、昔の自分に重なったんですね。

それは同時に自身の心境の変化というか、「新しい取り組みをしたい」という思いにつながっていきます。

  • 個人でサービスを始める人、フリーランスの人の手助けをしたい。
  • 才能やスキルを余す事なく発揮してほしい。

とまぁ大分カッコよく思い切った事言ってますが、自分に出来る事はそんなにありませんでした。

思いついた「出来る事」はやはり「ホームページ」に関連する事。

  • ホームページ作成の手間や悩みをなくし、スタートを支援する。
  • ショートカット出来る部分はショートカットして、本業に注力出来るようにする。

僕自身の失敗を活かし、あくまでも「本業の成功が目的」となるホームページの作成をサポートしよう。

…ただし面倒でもやった方が良いことは容赦なくいこう。やった方が良いし。

まずはマニュアルとして使えるモノを作ろうと思いました。

そこで誕生したのがこのホームページ「WECT(ウェクト)」です。

あなたのサービスや商品を、僕は作れません

個人事業主やフリーランスの方には、ホームページの管理や運営に「積極的に関わる事」を強くオススメしています。

理由は単純に、必要だから。

「ホームページは営業マンです」なんて古い(それもめちゃくちゃ古い)例えがあります。

これを真に受けると、ロクに仕事もせずサボっている営業マンの数に驚く事になります。

これらのホームページの仕事ぶりは、良くて「案内板」です。

それも寂れた土地にある、色あせてボロボロになって忘れ去られた様な。

来た人に対して営業時間や店舗の場所を一方的に示すだけで、仕事を取ってくる営業マンではありません。

そんなホームページが増えた理由の一つが「変化に追いついていない」からだと考えています。

  • 日々進化や変化を続ける検索エンジン
  • 多様化するユーザーのニーズと使用方法

これらの変化に追いついていない旧来のホームページのカタチを、次のレベルに上げる時期にきていると感じました。

現在求められているホームページの形を、僕は「コンシェルジュ」と表現しています。

もちろんこれは昨今のSEO対策も踏まえたカタチです。

コンシェルジュ=相談に乗ったり、疑問を解決してくれる存在

※狭義での「コンシェルジュ」とは異なりますが、そこはご容赦ください。

高いコミュニケーション能力や表現力、提案力でユーザーをサポートしてくれるモノであるべきだと考えているワケです。

コンシェルジュがあなたの見込み客に、あなたのサービスの良さを伝えたり、悩みを解決する事で信頼関係を築いたり…。

かなり抽象的な表現なので、ピンと来なかったら申し訳ございません。

大切なのは、そんなコンシェルジュを育てられるのは、あなたのサービスに一番詳しく、一番熱量を持っている人だけだということ。

つまりあなたです。

僕はホームページを作ったり管理出来ますが、あなたのサービスや商品は作れません。

僕に出来るのはあなたが本業に力を注げるように、ホームページにかける時間やコストを圧縮し、ノウハウを紹介してコンシェルジュを育てるお手伝いをする事。

あなたのサービスや商品を楽しみにしているファンの為に。